仏像がもっと好きになる。そんな日々……

仏像「ぶつぞ~!」銅像「やめて~!」
http://nyoirin.blog123.fc2.com/

このブログは

仏像大好きフリーアナウンサーコーリーが気になる仏像ニュースを集めていくブログです。
ゆっくりしていってね

Podcasting


ナレーターリングアナウンサーのコーリーこと郡正夫(こおりまさ お)が ひたすら仏像について語っているポストキャスティング番組です。 毎回約1分間繰り広げられる仏像の世界は、ちょっぴり「クスッ」とし てしまう要素が満載です。 騙されたと思って是非ご試聴ください。

コーリー

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平和観音(栃木県宇都宮市)

2009/01/31 00:34|仏像めぐりTB:0CM:0
かくして弘法大師の活躍で村は救われたのでした。
村人達は安心しました。
安心すると急にお腹がすいてきました、しかし食べ物がありません
そんな村人達の様子の神がかった知恵で読んでいた弘法大師
なんと密かに食事を用意していたのです!
そして村人達にこう言いました。

弘法大師「くうかい?」

おあとがよろしいようで…本当にごめんなさい


…さて
大谷寺のすぐそばにこれまた巨大な石仏があるのです。
それがコチラ
IMGP2328.jpg
平和観音です。
高さ約27メートル(八十八尺八寸八分)胴回り20メートルとっても…大きいです…
足の指が小学生高学年くらいの大きさなんだそうです。

横に階段があって顔の近くまで行くことが出来ます。
IMGP2331.jpg
横顔~
IMGP2339.jpg
ヌーン♪

ちなみにこの仏像は総手彫りで作るのに6年かかったそうです。

スポンサーサイト

大谷観音(栃木県宇都宮市)

2009/01/29 23:22|仏像めぐりTB:0CM:0
先日、仕事で栃木に行きまして
せっかくなのでずっと行きたかったところに行ってきました。
大谷寺です!
ここのご本尊は大谷観音という、なんとあの弘法大師空海が掘った石仏なんです。
IMGP2341.jpg  
まずは入り口で仁王像がお出迎え
IMGP2345.jpg
これが本堂!完全に石の壁にめり込んでおります。
それもそのはずご本尊は大谷石の壁面に彫られているのです。
そんなご本尊はこちら
090129_2306~01
本堂内は撮影禁止だったのでポストカードでお許しください。
雰囲気は伝わりますよね?ちなみに高さは3.54メートルだそうです。
入り口でもらったパンフレットによると…
弘法大師はこの仏像を10日で彫ったそうですよ!!

昔このあたりは毒蛇がいて村人は大変困っていました、
そこにたまたま弘法大師が通りかかります
村人は弘法大師に助けを求めます。すると
弘法大師「俺に任せろ!」
かっこいいです。二つ返事で引き受けて危険区域の中へ、そして十日後…
弘法大師「カタつけてきたぜ!」
村人は恐る恐る危険区域の中に入っていきました、すると
壁面に3.54メートルの千手観音が彫られていました。
さらに
その両脇に不動明王と毘沙門天まで彫られていたのです。


ニア「ええジョバンニ空海が十日でやってくれました。」

空海本気ハンパねぇ!!パネェ!

大谷寺の旅はまだまだ続く…


国宝 三井寺展

2009/01/28 19:00|仏像ニュースTB:0CM:0
「智証大師帰朝1150年、狩野光信没後400年 特別展 国宝 三井寺(みいでら)展」

会場:
サントリー美術館  東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガーデンサイド ガレリア3階

会期:
2009年2月7日(土)~2009年3月15日(日)

開館時間:
〔日・月・祝日〕10:00~18:00 〔水~土〕10:00~20:00 ※いずれも最終入館は閉館30分前まで

休館日:
毎週火曜日

入館料:
当日 一般1,300円、大・高校生1,000円、中学生以下無料
前売券 一般1,100円、大・高校生800円

詳しくは
http://www.suntory.co.jp/sma/

秘仏も沢山来るみたいです。
その中には、如意輪観音も!!

「ザ・仏像」展

2009/01/27 13:07|仏像ニュースTB:0CM:0
東京都豊島区にある「切手の博物館」にて
「ザ・仏像」という展示が行われています。
期間は1月6日~3月29日

以下HPより
本展は、切手の博物館が所蔵する切手約30万種から、
仏像や仏画をモチーフとした切手を中心に、発行国・地域別に紹介するものです。
 仏像切手のほとんどは、自国・地域の歴史や文化を内外に紹介する目的で発行されています。
しかし、自国にはない仏像を取り上げた切手もあります。異文化を認め、
世界共通の文化財をテーマとした切手です。手のひらより小さな仏像切手は、
私たちに大きな文化交流の世界を気づかせてくれることでしょう。
 また、世界最初の仏像切手、日本最初の仏像切手や、日本の仏像切手の特集展示など、
切手ファン、仏像ファンの双方に楽しんでいただけるものと思います。
 切手の中の小さな仏像たちの魅力をご堪能ください。

詳しくは
http://yushu.or.jp/museum/kikaku/index.html 
k-238.jpg k-235.jpg k-233.jpg
切手で見る仏像もなかなかいいのではないでしょうか?

特別展「平泉~みちのくの浄土~」

2009/01/24 20:34|仏像ニュースTB:0CM:0
特別展「平泉~みちのくの浄土~」展世界遺産登録をめざして

場所:世田谷美術館
 
期間:
2009年3月14日~4月19日 1-2階展示室
午前10時~午後6時(入場は閉館の30分前まで) 月曜休館

チケット:
一般1,300(1,100)円、大高生/65歳以上900(700)円、
中小生500(400)円 ( )内は20名以上の団体料金
障害者の方は500円(介助の方1名までは無料)
大高中小生の障害者の方は無料

国宝、重要文化財98点を含む200件を展示!
堂内の配置そのままに寺外で初めて公開される国宝・中尊寺
金色堂西北壇の仏像十一体をはじめ、平泉ゆかりの珠玉の名
宝をかつてない規模で一堂に公開。

http://hiraizumi-tokyo.com/

仙台、福岡に続いていよいよ東京です!
残念ながら薬師三尊は来ませんが代わりに
持国天と広目天が来ます。

初の神仏習合寺院か 仏堂に四天王像 京都・馬場南遺跡

2009/01/22 14:35|仏像ニュースTB:0CM:0
仏教で世界の中心とされる須弥山(しゅみせん)をかたどった三彩陶器が出土した京都府木津川市木津天神山の馬場南遺跡(旧・文廻池(ぶんまわりいけ)遺跡、8世紀前半)で、須弥山と四天王像を安置したとみられる仏堂跡が確認された。13日、同市教委と府埋蔵文化財調査研究センターが発表した。最外郭の柱だけで建物を支える構造で、8~10世紀の中国に類例はあるが、国内では初めての発見という。

 仏堂跡は東西約5メートル、南北約4.5メートルで、床全面に仏像などを安置する須弥壇(しゅみだん)が築かれていた。周辺からは塑像(土製の仏像)の破片が多数見つかり、高さ160センチ前後の四天王像と推定される。このうち多聞天とされる像の顔の破片には、左の瞳にはめたガラスが火災で溶けて流れた跡があった。本尊にあたる仏像は確認されておらず、須弥壇の中心に三彩陶器の須弥山が置かれていたとみられる。

 南側の一段低い場所には、僧らが仏事をした「礼堂(らいどう)」とみられる東西8メートル、南北4メートルの建物があり、仏堂とつながっていた可能性が高い。本殿と拝殿から成る神社建築に似た建物だったとみられる。

 同遺跡では「神雄寺(かみおでら)」と書かれた墨書土器が出土した。同市教委は「本尊の仏像が見当たらないことや、『神』の字を使う寺名などから、最も初期の神仏習合の寺院だった可能性もある」とみる。文化庁記念物課は「国内では従来にない構造の遺構であり、極めて重要な遺跡と考えている」としている。

http://www.asahi.com/travel/news/OSK200901130130.html

↓出土した土器や仏像の破片など
OSK200901130140.jpg
こういう発見のときにいつも思うのですが
こんな欠片でわかるんですね~というかこういうのを
見逃さずに発掘するって…想像しただけで気が遠くなります。

清泉女子大学が「興福寺創建1300年記念 国宝 阿修羅展」を鑑賞するための公開講座を開催

2009/01/21 01:43|仏像ニュースTB:0CM:0
日本の仏像の中でも特に人気のある阿修羅像が間近で見られる「興福寺創建1300年記念 国宝 阿修羅展」が、東京国立博物館で3月から開催される。清泉女子大学では、この展覧会を鑑賞するための基礎知識が学べる公開講座を開催。「仏像のひみつ」などの著者で知られる山本勉教授が阿修羅像について語る。

 2009年3月31日から6月7日まで、東京国立博物館では「興福寺創建1300年記念 国宝 阿修羅展」を開催する。日本の仏像の中でも特に人気の高い阿修羅像を間近で見られる、またとない機会だ。
 清泉女子大学では、この展覧会を鑑賞するための基礎知識が学べる公開講座「国宝阿修羅展を鑑賞するために」を2月14日に開催する。「仏像のひみつ」「続仏像のひみつ」などの著者で知られる山本勉教授と一緒に、阿修羅像について予習してみませんか?

■開催日
 2009年2月14日(土) ※要予約
■講師
 清泉女子大学文学部文化史学科教授 山本 勉(東京国立博物館名誉館員)
■講座料
 一般:1500円
 ラファエラ講座生・泉会・麗泉会:1000円
 学生・教職員:500円
※入会金は不要。お申し込みのあと、振込用紙を郵送します。
■時間
 13:30~15:00
■会場
 2号館240教室
■申し込み
清泉女子大学生涯学習センター
〒141-8642 品川区東五反田3-16-21
 TEL: 03-3447-5551
 FAX: 03-3447-5493

http://www.u-presscenter.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=619

かなり気になっております!
2月14日に女子大に行くだなんて!?
いやぁ~参っちゃうなぁ~

シルクロード「電子図書館」進行中 仏教経典や絵画ネット公開

2009/01/19 15:37|仏像ニュースTB:0CM:0
 シルクロードで発見され、各国が保有する膨大な仏教経典や仏像、絵画などのデジタル画像をインターネットを通じて公開する国際プロジェクトが進行している。これらの資料は米国や日本、イギリスなど各国に分散しており、全体像をつかむのは困難な状態で、事業は資料の集大成が目的。現在日、英、中などが参加して公開数は約17万点に達しており、数年後には資料をほぼ網羅する「大電子図書館」を完成させることを目指している。

 事業は「国際敦煌プロジェクト」(IDP)と呼ばれ、各国の資料を研究・教育に役立てるため、大英図書館(英ロンドン)が中心となって15年前に提唱。中国・国家図書館やドイツ・ブランデンブルク人文科学アカデミー、ロシア・東洋学研究所など、5カ国の20機関が協力しており、ホームページ(HP)には、世界中から1日約5万件のアクセスがあるという。

 日本からは、浄土真宗本願寺派第22代門主の故・大谷光瑞師が戦前中央アジアに派遣した学術調査団「大谷探検隊」の資料約9000点を含む資料を保有する龍谷大学(京都市)が、唯一参加している。

 龍谷大には平成16年、世界に5つあるIDPのローカルセンターの一つが設けられ、資料のデータベース化を継続。これまで、トルファンで出土した漢字やソグド語、西夏語などで書かれた5~15世紀ごろの行政文書や宗教文書をアップしており、貴重な景教(ネストリウス派キリスト教)やマニ教経典もある。今後は敦煌出土の経典(巻子=かんす)や、敦煌の仏像の写真乾板なども公開する予定。

 公開資料数は現在、龍大の約1万7000点のほか、探検家・スタイン(1862~1943)が収集した膨大なコレクションを持つ英国が約10万2400点▽中国約2万3000点▽ロシア約1万3500点▽ドイツ約1万2000点。IDPは近く、フランスにローカルセンターを置くほか、米国やインド、韓国にも設置したいとしている。

 龍谷大でプロジェクトの指揮を執る岡田至弘(よしひろ)・理工学部教授は「資料を所蔵する京都や東京の国立博物館などもIDPに参加してほしい。また個人のコレクターも、龍谷大に連絡してくれれば公開のための入力作業を引き受けたい」と話している。

シルクロード「電子図書館」進行中 仏教経典や絵画ネット公開…社会(産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090119-00000555-san-soci
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/090119/acd0901191443004-n1.htm

国際敦煌プロジェクト: シルクロード オンライン
http://idp.afc.ryukoku.ac.jp/
膨大な量のデータです。

護国寺に行ってきました

2009/01/19 00:15|仏像ニュースTB:0CM:0
とある筋から入手した情報によると
今日は護国寺の御本尊の御開帳日らしいのです。
しかも護国寺の御本尊はあの如意輪観音です!
これは行かない手はない!

ということで行ってきました。

色々ありましたが如意輪観音さんに会えました。
本堂内は撮影禁止なので、ポストカード(500円5枚入り)を購入
poska gokokuji

奈良国立博物館:仏像に祈り 供養法要営む /奈良

2009/01/18 01:39|仏像ニュースTB:0CM:0
奈良市の奈良国立博物館で、「冬季仏像仏画供養法要」が営まれた。東大寺の僧約20人が訪れ、展示された仏像の前で祈りをささげた。

 信仰の対象としての仏像・仏画の意味を感じてもらおうと、国立博物館では全国で唯一実施している。これまでは春と秋の2回だったが、今年度からは夏と冬にも法要をすることにした。

 法要では、本館陳列室の弥勒仏坐像(ざぞう)(重要文化財)の前に祭壇を設け、東大寺の上野道善別当らが読経、散華をした。博物館の職員や来館者約50人が参加し、焼香をして手を合わせていた。【花澤茂人】

毎日新聞 2009年1月17日 地方版
http://mainichi.jp/area/nara/news/20090117ddlk29040528000c.html

コーリーの仏像でGO!
第三十三話「弥勒菩薩」

仏教の町、奈良ならではのイベントですね
弥勒菩薩といえばお釈迦様がなくなってから56億7千万年後に如来となって
私たちを救ってくれるそうです。
今は何年目くらいなんでしょうか?

顔や体酷似同じ作者?

2009/01/17 02:28|仏像ニュースTB:0CM:0
奈良博研究明治まで一緒に安置の可能性

 吉野町の金峯山寺所蔵の釈迦如来坐像(県指定文化財、平安時代)と兵庫県所蔵の天部立像(平安時代)の作者が同一である可能性が高いことが、奈良国立博物館の鈴木喜博・上席研究員(日本彫刻史)の研究でわかった。顔や体の表現方法などが酷似し、鈴木上席研究員は「セットで作られ、一緒に安置されていたと考えられる。明治の廃仏毀釈で分かれたのでは」としている。

 両像はともに木製で、高さは坐像が83・2センチ、立像が169・5センチ。昨年、立像は足元の腐った部分を同博物館で美術院(京都市)が修理。その際、坐像に似ていることに鈴木上席研究員が気付き、▽目が切れ長で鼻やあごが小さい▽なで肩で背中が反っている、などの特徴が共通することを確認した。

 また、両像の底に木を削る範囲を決めるために描いた墨の線があった。残っているのは珍しい。手首から先などの一部を除き、丸太から像全体を彫り出す技法も一致。左右にわずかに傾くなどのゆがみもあり、作者の癖もうかがえる。

 金峯山寺史によると、同寺には廃寺となった周囲の安禅寺や世尊寺などの本尊が安置され、釈迦如来坐像も実城寺の本尊だったとされる。鈴木上席研究員は「2体の仏像が別々の道をたどったことは、当時の神仏分離を考える上で興味深い」と話している。

 両像は5月17日まで、同博物館本館で展示している。

syakanyorai   tennbu
 (左)釈迦如来坐像(右)天部立像(「奈良国立博物館だより第68号」より)

(2009年1月16日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nara/news/20090115-OYT8T00841.htm

仏像:構造や表現よく似る 140年ぶりの対面--釈迦如来坐像、天部立像 /奈良
http://mainichi.jp/area/nara/news/20090116ddlk29040638000c.html

コーリーの仏像でGO!
第二話「如来とは?」


はなればなれだった二人が再会
ロマンティック

妙楽寺:大護摩法要で大日如来坐像を公開

2009/01/17 00:59|仏像ニュースTB:0CM:0
妙楽寺:大護摩法要で大日如来坐像を公開--来月8日、睦沢 /千葉

 睦沢町の妙楽寺(須賀田覚信住職)で2月8日、大護摩法要が行われる。
本堂に安置されている国重要文化財「大日如来坐像」と、県指定文化財の
「不動明王像」「毘沙門天(びしゃもんてん)像」が一般公開される。
普段は格子戸を通してしか見られない仏像だけに毎年多くの見学者が訪れる。

 大日如来坐像は高さ279センチ。平安時代の作で、木造の仏像では東日本最大級。
不動明王像(173センチ)、荒彫毘沙門天立像(178センチ)、
彩色毘沙門天立像(176センチ)は蛇彫りの技法を用いたもので、荒々しさが魅力といわれる。

 法要は午前10時、11時半、午後2時の3回。境内では甘酒の無料サービスや
焼き芋の売店が並ぶ。問い合わせは妙楽寺(電話0475・43・0150)。【吉村建二】

毎日新聞 2009年1月16日 地方版

http://mainichi.jp/area/chiba/news/20090116ddlk12040269000c.html

コーリーの仏像でGO!
第十二話「大日如来」

護摩法要は年に1回だけのレアイベントみたいですね
護摩修法という密教の儀式で不動明王の炎で悪魔や厄災を焼きつくしてくれます。
「悪霊退散!!」って感じでしょうか!!
調べてみると当日はJR茂原駅より護摩修法の時刻に合わせて
無料シャトルバス運行するみたいですよ。

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

プロフィール

フォト

郡 正夫 (こおり まさお)
Masao Koori

誕生日:7月14日/徳島出身
身長:178cm
趣味:仏像めぐり プロレス 日本史

<ボイスサンプル試聴>
▲ボイスサンプル

● 出演歴
リングアナ
『新日本キックボクシング協会興行』
『TITANSシリーズ』
『TITANS NEOSシリーズ』

スポーツ
『プロバスケットボールbjリーグ埼玉ブロンコス専属MC』
『~2006 FIFA ワールドカップドイツアジア地区最終予選
パブリックビューイング~ ヴァーチャルスタジアムMC』
『GTF active Sports Paradise フットサル』

TV
『NHK BShi Jポップクリエイターズ』
『やっぱりみなと ぐぐっどGOOD
子育て情報通 リポーター(CATV)』
『新春カラオケ大会(TVS)』
『TOKYO MX「九州を愛した指揮官 王貞治」ナレーション』
『Jリーグ大宮アルディージャドキュメンタリー番組ナレーション』

ラジオ
『東京St Light City(MUSIC BIRD)』
『HIPPER’S JAM(FM徳島)』
『清田愛未の音のたまご(エフエム八ヶ岳)』

イベントMC
『闘劇 -SUPER BATTLE OPERA-』
『WPC EXPO Panasonic』
『東京ゲームショーSNKブース』
『CEATEC JAPAN SD メモリーカード』
『フォーミュラニッポン イベントカー』
『集英社JUMPLAND発表イベント』
『集英社ジャンプフェスタ JUMPLANDブース』
『渋谷Club asia ライブイベント DJ』

Web TV
『モテたいッ!』

CD
『ゲーム ファイナルファンタジー アレンジアルバム
THE BLACK MAGESIII Darkness and Starlight
オペラシーンナレーション』
『クロダサトルの優雅な生活/立川亮とタンゴアカシアーノ
ナレーション』

 |  未分類 | 仏像ニュース | 仏像めぐり | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 仏像「ぶつぞ~!」銅像「やめて~!」
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。